ページの先頭です

TOP > 商品案内 > 高速硝化担体 オーシャンクリーナーNO3

商品案内

高速硝化担体 〜オーシャンクリーナーNO3の概要と特徴

オーシャンクリーナーNO3の概要

硝化とは、硝化細菌と呼ばれる2種類の細菌(アンモニア酸化細菌と亜硝酸酸化細菌)の作用によって窒素化合物であるアンモニアNH4+が、亜硝酸NO2-、硝酸NO3-と変化するプロセスを指し、閉鎖性の海洋においても魚の出す老廃物であるアンモニアに始まって硝化が起こります。閉鎖された水域で魚を飼育する際、毒性の高いアンモニアや亜硝酸が蓄積することはタブーであり、速やかな硝化は必須条件となります。
硝化は細菌が安定して着床できる担体(濾材)とアンモニアの供給源があればおのずと立ち上がってきますが、硝化細菌は増殖が遅いのが特徴で、立ち上がりに1〜2ヶ月かかるのが普通です。硝化はそのプロセスを担う細菌の数よりも、担体に着床した細菌が自らが作り出すバイオフィルムの中に存在することで本来の能力を発揮することを我々は検証しました。このバイオフィルムの形成にある程度の期間を要するのです。
しかし、期間限定のイベントで行われる水族館や、新規料理店の生簀などはオープンまでの準備期間が限られているため、硝化の立ち上がりを待つことなく水槽に魚が入れられるのが実情です。結果として硝化不十分で水質が悪化し、換水を余儀なくされるケースは多いはずです。
水槽をセットしたらすぐに魚を元気に泳がせたい!換水の手間を無くしたい!そんなニーズに応えるべく、OCNO3の開発は始まりました。そのための必須条件は、
 ①バイオフィルム構造を保持したままの硝化細菌を提供すること。
 ②そのための微生物担体を選定すること。
 ③輸送の負担を極力抑えた担体を選定すること。  
以上の3つでした。
OCNO3はこれらの条件をクリアし、より高い能力を発揮できる最適な担体に硝化細菌を担持させた微生物製剤であり、立上げ期間の制限を受けることなく、水槽のセッティングと同時に魚の飼育をスタートすることを可能にしました。

オーシャンクリーナーNO3の特徴

特徴1 使用と同時に硝化がスタート

OCNO3は微生物担体にバイオフィルム状の硝化細菌を担持させているので、使用と同時に硝化能力を発揮します。液体の微生物製剤のように立ち上がりまでの間、定期的に補充したりする必要がありません。

特徴2 硝化能力の高さ

微生物担体の拡大写真(Φ5×5mm)

微生物担体の選定には数多くの担体について試験を重ね、その能力を見極めた結果、現在の担体を採用するに至りました。排水処理などに多く利用されている微生物担体ですが、海水の、しかも魚を飼育する系で最も硝化能力を発揮するものを独自の試験法で選定しています。
濾材として最も硝化能力が高いのはサンゴ砂や多孔質のセラミック材です。これに匹敵するといえば嘘になりますが、それは単位容積当たりの表面積が100倍近く異なるためです。しかし、同じ容積でその能力を比較した場合、その能力が1/100とはならず、サンゴ砂の50〜80%の能力を有します(水温等の条件によって能力に差が出ます)。 これは表面積の差から考えれば非常に高い能力と言え、理想的なバイオフィルム構造を保持できる担体であるという裏付けなのです。逆を言えば、担体の表面積の大きさだけが硝化能力を決定付けるものではないということかもしれません。

特徴3 軽くて安全

要するに硝化能力の立ち上がった濾材…という言い方もできます。しかし、立ち上げた濾材を輸送することは多面的に見て困難です。サンゴ砂はとにかく重いです。セラミック濾材もサンゴに比べれば軽いですが、量がまとまれば重量物です。その点OCNO3の重量は約1/10と非常に軽く、大量に輸送する場合も大きな負担にはなりません。 また、OCNO3担体の材質はPP(ポリプロピレン)発泡体です。有害成分の溶出などはなく、安全な材質です。

  表面積(m2/L) 重量(kg/L)
サンゴ砂 150〜200 2.5
セラミック濾材 400〜1600 1.5〜2.0
OCNO3(担体) 2 0.2

特徴4 再利用が利く(不要なときの保管不要)

特徴4 再利用が利く(不要なときの保管不要)

毎年同じ時期に使用したい、不定期だが繰り返し利用したい、そんな場合は使用済みの担体をこちらに戻していただければ次回のご発注時に必要分出荷します。初回のご購入分は「再生」となり、金額がお安くなります。繰り返しお使いいただく場合はお得で、お客様が保管する必要もありません。



ページ上部へ